不整脈についてARRHYTHMIA

不整脈チャンネル

心房細動とは

心房細動

心臓は1分間に60~100回くらいの割合で、規則正しいリズムを刻んでおり、これを洞調律といいます。これが余計な刺激などで乱れた状態を不整脈といい、そのなかでも一番多いのが「心房細動」です。原因の多くは加齢で、70歳以上の5~10%の方が心房細動だといわれています。心房が1分間に300~600回もふるえるため、結果として脈がてんでバラバラになり、不自然に脈が速くなることが多いです。動悸、息切れ、失神、胸の違和感といった症状がきっかけで診断されることもありますが、約70%の方は無症状で、健康診断などで発見されます。

その他の
不整脈について

心房細動以外にも様々なタイプの不整脈があります。こちらでは正常な脈から直接命にも関わる不整脈も含めお話させていただきます。