医院紹介

  • 受付

    受付

  • 受付チーム

    受付チーム

  • 外観

    外観

  • 待合スペース

    待合スペース

  • 診察室

    診察室

  • 手術室

    手術室

  • オペチーム

    オペチーム

  • CT

    CT

  • 検査室①

    検査室①

  • 検査室②

    検査室②

  • 病床フロア

    病床フロア

  • 看護師チーム

    看護師チーム

  • ラウンジ

    ラウンジ

  • 自動会計システム

    自動会計システム

  • 外観

    外観

院内ツアー

設備紹介

最新鋭の機器を
取り揃えております

アブレーション関連設備 EnSite Velocity™ Cardiac Mapping System

当院では、よりハイクオリティな医療を患者様に提供するために“EnSiteVelocity”というシステムを採用しています。このシステムは3Dマッピングシステムとも呼ばれ、患者様に張り付けた6枚のシールをもとに、心臓の中のカテーテルの位置情報を正確に把握します。また、様々なカテーテルの電極から得られる電位を測定し、マッピング(色付け)することにより、難解で複雑な不整脈をより分かりやすく表示することが出来、手技・診断を強力にサポートします。このシステムを使用することで、医師のみならず患者様にとっても安全かつ円滑に手技を行えるシステムとなっております。

臨床用ポリグラフ RMC5000
心腔内エコー

今までになかった心腔内(心臓の内側)を見ることを目的としたエコー(超音波診断装置)です。主にアブレーション治療の際に活躍します。また、独自のテクノロジーを駆使し、コンパクトにもかかわらず高画質を実現し機動性が高く、カテ室にフォーカスした装置です。更に、プローブを変えることにより心腔内のみならず、経皮的な通常の検査などあらゆる場面においても機能を発揮します。

CT

「Canon製Aqulion PRIME」

世界で最薄の0.5㎜スライスで撮影を行うため細かい部分の観察に非常に適しています。胸部であれば約4秒、胸腹部であれば約10秒で撮影が完了します。
これは従来CTの倍以上速いスピードですので、その分息止め時間が短縮します。また最新被ばく低減技術も搭載しているため安心して検査を受けていただけます。

エコー

「Canon製Aqulion PRIME」

発売したばかりの最新モデルを導入しました。従来エコーより画質が上がっており、今までより病変部を見つけやすくなっています。当院では頸部エコー、心エコー、経食道エコーを行うことができます。

24時間ホルター心電図

軽量・コンパクトな24時間の心電図記録が可能なホルターレコーダとなります。

12誘導ホルター心電図

長時間心電図記録が可能な12誘導ホルター検査機器となります。12誘導ホルター検査により心室性不整脈の起源推定や重症度の評価が可能です。また、12誘導心電図全てのST変化を捉えることで、胸部ST誘導の日内変動の評価等に有用です。

睡眠時無呼吸症候群:簡易検査機

心房細動患者さんの約70%が睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。SASを放っておくと心不全、脳梗塞、心筋梗塞の危険性が高まり、アブレーション後の再発も多くなってしまいます。術前にSAS簡易検査を行います。

ポリソムノグラフィー

必要な患者さんへは、入院中にSAS精密検査(ポリソムノグラフィー)を行います。退院後、必要があればCPAPというSASの治療を開始いたします。CPAPを行うことでSAS患者さんもSASのない患者さんと同程度の成功率になります。

アンギオ装置

こちらのシステムは血管の様子を体の外部からX線を用いて詳しく知ることが出来る装置です。最新鋭の平面型X線検出器を搭載しておりますので高度な治療の際にもより少ないX線で高解像度の画像を描出可能です。1検査あたり50%程度の線量低減が見込めます。