心房細動とはATRIAL FIBRILLATION

心房細動のおはなし~痛みを感じずに多くの心房細動は治ります~

どういう病気?

心臓は1分間に60~100回くらいの割合で、規則正しいリズムを刻んでおり、これを洞調律といいます。これが余計な刺激などで乱れた状態を不整脈といい、そのなかでも一番多いのが「心房細動」です。原因の多くは加齢で、70歳以上の5~10%の方が心房細動だといわれています。心房が1分間に300~600回もふるえるため、結果として脈がてんでバラバラになり、不自然に脈が速くなることが多いです。動悸・息切れ・失神・胸の違和感といった症状がきっかけで診断されることもありますが、約70%の方は無症状で、健康診断などで発見されます。

心房細動イラスト

困ること

直ちに命を奪う病気ではありませんが、いろいろな病気の原因になるため何らかの治療をしたほうが良いと考えられています。心房細動が原因になる主な病気をあげてみましょう。

脳梗塞

血液がよどみやすくなるため、血栓ができやすくなり危険度が約5倍に増加します。

心不全

脈が不自然に速くなるため心臓が疲れてしまい、危険度が約3倍に増加します。

認知症

小さな血栓が頭に詰まるため約2倍の危険度になるといわれております。

動悸・失神

動悸や意識消失の原因となることもあります。

※上記に記載のある数値的データは日本不整脈心電学会参照しております。http://new.jhrs.or.jp

心房細動が起こる原因

心房細動は加齢によって発症リスクが増加することから、誰にでも起こりうる病気です。しかし、高血圧・弁膜症・狭心症・心不全・心筋梗塞などの心臓に関連した病気や糖尿病・飲酒や喫煙の習慣のある方は、心房細動の発症リスクが高くなります。

分類

心房細動は発症後の発作の持続期間によって以下の3つに分類されます。

分類図

発作性心房細動、持続性心房細動(心房細動がとまる状態)から長期持続性心房細動(心房細動がずっと持続する状態)へ年間5.5%の確率で進行します。抗不整脈薬(心房細動を起こりづらくする薬)は根治療法とはならないため、進行を止めることは難しいとされます。

※上記に記載のある数値的データは右記を参照しております。Kato T et al: Circ J. 2004: 68: 568-72

発作性心房細動の成功率

幕張不整脈クリニックでは全身麻酔で行うことでカテーテルを安定させ、さらに肺静脈隔離に加え、心房細動の好発部位である上大静脈、左心房後壁にも治療を行っております。1回の治療で90%の方が成功しています。成功率とはアブレーション後、定期的に1週間の心電図検査を行い、1年以内に心房細動が認められない確率です。

持続性心房細動、長期持続性心房細動の成功率(持続期間1年以上、5年未満)

幕張不整脈クリニックでは肺静脈隔離に加え、心房細動の好発部位である上大静脈、左心房後壁にも治療を行っております。それでも治らなそうな方には追加の治療を行うなど、治療の精度を上げるための様々な工夫を行っております。できるだけ1回の治療で治すため、患者さんの心臓の傷み具合、心臓の大きさに応じたテーラーメイドの治療を行っております。

1回の治療で80-90%の方が成功しています。これは数年苦しんだ心房細動が、1週間を通して心電図検査をしても全くでなくなるということです。