不整脈・心房細動コラム

カテーテルアブレーション 3回目 83歳 男性

発作性心房細動/粗動に対するカテーテルアブレーション3回目 83歳 男性

83歳男性 他院にて発作性心房細動、心房粗動に対するカテーテルアブレーションを2回行いましたが、再発してしまった患者さんです。高齢なので3回目のカテーテルアブレーションをするか悩みましたが、お風呂に入ると発作が起こるからお風呂には入れないと切実な訴えがあったため行うことにいたしました。

1回目カテーテルアブレーション

肺静脈隔離 を行い 術後しばらくして心房粗動がおこったため

2回目カテーテルアブレーション

心房粗動に対して三尖弁輪下大静脈間線状焼灼を行ったようです。

発作性心房細動がでるようになり、心房細動停止時に4.2秒心臓が止まってしまうという所見があったため抗不整脈薬(不整脈をおこしずらくする薬)が投与できませんでした。

当院にて3回目のカテーテルアブレーションを行うことになりました。

3回目カテーテルアブレーション

肺静脈隔離はすべてできておりませんでした。隔離ラインもだいぶ肺静脈よりだったため、同様の部位を通電すると肺静脈狭窄が起こる危険性があると判断し、以前の通電部位より左心房側で新たな肺静脈隔離を行いました。左心房が拡大していなかったため通常の左心房後壁隔離、上大静脈隔離を追加し、イソプロテレノール負荷(不整脈を出やすくする薬)を行い、心房細動の原因となる上室性期外収縮がでないことを確認し手術を終了しました。。

術後1年たちますが、心房細動の発作もでなくなり、抗凝固薬も中止しております。

脈がのびることもなく、お風呂にも入れるようになったと喜ばれております。

ページ著者・監修者 院長 濵 義之

濵 義之

主な経歴

2003年山梨医科大学卒業。循環器科の中でも不整脈を専門とし、心房細動に対するアブレーション手術を得意とする。君津中央病院循環器内科の医長・部長などを経て2020年に幕張不整脈クリニック(千葉市花見川区)を開院。年間500件以上のアブレーション手術を行う。

資格

  • 日本不整脈心電学会 不整脈専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本内科学会 認定内科医