院長ノートDIRECTOR NOTES

心房細動になって困ること


約70%の方は無症状で、直ちに命を奪う病気ではありませんが、いろいろな病気の原因になるため 何らかの治療をしたほうが良いと考えられています。心房細動が原因になる主な病気をあげてみましょう。

脳梗塞 ・・・ 血液がよどみやすくなるため、血栓ができやすくなり危険度が約5倍に増加します。

心不全 ・・・ 脈が不自然に速くなるため心臓が疲れてしまい、危険度が約4倍に増加します。

認知症 ・・・ 小さな血栓が頭に詰まるため約2倍の危険度になるといわれております。

動悸、失神・・ 動悸や意識消失の原因となることもあります。

 

(J Epidemiol. 2017; 27: 360-367)

(Stroke 1991;22:983-988 )

(Heart Rhythm. 2010;7:433-437)