院長ノートDIRECTOR NOTES

カテーテルアブレーション後の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)


カテーテルアブレーション後の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

 

カテーテルアブレーションを行い、手術で免疫力が落ちて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかるのではないかという不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。それに関する論文がアメリカから発表されましたのでご紹介いたします。

アメリカでコロナが流行している2020年3月から5月までの間にカテーテルアブレーションを受けた124人を調査したところ、術後2週間で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染したもしくは感染が疑われた人はいませんでした。

幕張不整脈クリニックにおいても、2020年5月から2021年4月までに512人にカテーテルアブレーションを行いましたが、術後1カ月以内に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を発症した方はいませんでした。

(Workman V et al. Heart Rhythm 2020 Oct;1(4):239-242.)

 

このページを見た方には、下記のページもよくご覧いただいております。

心房細動カテーテルアブレーションの実際  カテーテルアブレーション実績

心房細動の治療法 ツボ