院長ノートDIRECTOR NOTES

心房細動の治療法 抗凝固薬(血液を固まりづらくする薬)


心房細動で一番困るのは脳梗塞です。心房細動による脳梗塞は、その他の原因による脳梗塞に比べ重症になることが知られています。脳梗塞の危険性が高い方は、脳梗塞を予防するため、血液を固まりづらくする抗凝固薬の内服が必要です。下記のいずれかに該当すると脳梗塞の危険性がたかまっているため、抗凝固薬の内服を検討したほうがいいとされております。

65歳以上

高血圧

心不全

糖尿病

脳梗塞、一過性脳虚血発作の既往

心筋梗塞、末梢動脈疾患、大動脈プラーク

心筋症

人工弁

僧帽弁狭窄症

(心房細動治療薬物ガイドライン 2013年改訂版)